【雑記ブログ×アドセンスの収益化完全版】3万円達成した方法大公開!

雑記ブログ×アドセンス
タツヤ

この記事では、まず「雑記ブログ&グーグルアドセンスで収益化できるのか?」、次に【雑記ブログ&アドセンスで稼ぐノウハウ】などをご紹介します

その他、【収益化を加速させるための戦略】もご紹介していますので、雑記ブログを運営するに当たっての不安を解消して行きますね

こんにちは、雑記ブログのみで月1万円を達成し、その後サイトアフィリエイト含め月9万円(2018年9月時点)達成したタツヤです。

 

ブログの収益化の種類にはいろいろあるわけですが、その内の一つが【雑記ブログ×アドセンス】。

ただ、そもそも収益化できるのか?稼げるとしてもそのノウハウが分からないですよね?

 

僕自身、そういった雑記ブログに対する疑問があったわけですが、経験を通して分かったことがあるので、それらをシェアします。

雑記ブログの収益化における、グーグルアドセンスの難易度は低い

サチコさん

私は雑記ブログ×アドセンスを考えているのだけれど、実際どれくらい難しいのかしら?

簡単だったら取り組みたいし、難しいのなら考えたいところなのだけど。。。

タツヤ

サチコさんのような初心者さんにとっては、難易度的には一番簡単ですよ!

以下の2つのポイントを押さえているからなのですが。。。

 

1)アドセンスは、クリックされるだけでいいので、収益化のハードルが低い

2)サイトアフィリエイトと比べて、ライバルが少なく稼ぎやすい

まず1)なのですが、ご存知アドセンスは収益化しやすいです

成果報酬型のサイトアフィリエイト(ASPアフィリエイト(例:「A8 」)。物販アフィリエイトとも言う)と比べ、クリックされるだけで収益になるからですね(一方で、1クリック当たり平均30円と、収益効率は悪い)。

 

僕の場合なのですが、やはりアドセンスの方がサイトアフィリより収益化するのが早かったです!

グーグルアドセンスは、サイトアフィリエイトより収益化が早い

ただ、2か月目が【61円】で、3か月目が【144円】で、4か月目が【225円】と伸びが微妙ではありましたが(収益化を加速する戦略については、後程お伝えしますね)。

 

また、2)なのですが、サイトアフィリと比べて、ライバルが少なく稼ぎやすくもあります

と言いますのも、先ほどの通りアドセンスは収益効率が悪いのですが、だからこそ逆にライバルは参入してこないんですよね。

特に月100万円~稼ぐような実力者はあまり参入してこないわけですが、初心者さんにはうってつけだという理由です。

 

そんなわけですが、1)収益化のハードルの低さ2)ライバルの少なさの2点から、雑記ブログ×アドセンスの収益化は簡単なんですよね。

 

【雑記ブログ×グーグルアドセンス】で月2万9千円稼いだノウハウ完全版

サチコさん

アドセンスの難易度が低いことは分かったわ。

収益化のハードルが低くてライバルの方がたがいらっしゃらないから、そうよね?

 

ただタツヤさん。

そろそろ肝心の収益化のノウハウを教えてくださらない?

タツヤ

前提も抑えたことですし、そろそろノウハウに入りましょうか。

アドセンス収益を2倍にする秘密のノウハウもお伝えします!

雑記ブログ×アドセンスで稼ぐとなると、やることは3つ

1)アクセス数を集める2)クリック単価を上げる3)クリック率を上げればいいのですが、収益の公式から考えれば分かります。

 

収益=PV数×1PV当たりの収益(クリック単価×クリック率)

 

さて、この収益の公式なのですが、それぞれの数字が以下だとしましょうか。

 

PV数=10,000PV

クリック単価=30円(1クリックされたら30円入る)

クリック率=1%(100人に1人がクリックする)

 

これを先程の公式に当てはめます。

 

収益=10,000PV×30円×1%

↓10,000×30×1÷100をすると。。。

収益=3,000円

 

そんなわけですが、この公式から分かる通り、例えばPV数を2倍にすれば収益は2倍になります

これは簡単ですが、実はクリック単価を2倍にしても収益は2倍になりますし、クリック率を2倍にしても収益は2倍になるということなんですね

そういったことをこれからお伝えして行きます。

 

アクセス数を集める

先ほどの通り、PV数が2倍になれば収益は2倍になるわけですが、簡単に言えば【上位表示のための記事の書き方】が大事になってきます

基本的なところで言えば、まずはキーワード選定をして、次にタイトルにキーワードを入れるといった書き方があるのですが、詳しくは以下をご覧になってみてくださいね。

 

グーグルアドセンスのクリック率を上げて収益を上げる

これまた先ほどの通り、収益には【クリック率】を上げることも大事になってきます

PV数が2倍になれば収益が2倍になるのと同じように、クリック率が2倍になれば収益が2倍になるということですね。

 

収益=PV数×1PV当たりの収益(クリック単価×クリック率)

 

ちなみになのですが、アドセンスの平均クリック率は【1%】と言われていまして、要は100人に1人が広告をクリックします。

で、その結果30円入るというわけですが、このクリック率を【2%】に上げることができるんです!

クリック率 クリック率2%のケース

ご存知、クリック率を【1%】→【2%】にすると、これまで1回しかクリックされていなかったのが2回クリックされるように。

すると、1回クリックで【30円】しか入らなかったのが、2回クリックで【60円】入るようになるというわけなんですね。

 

そんなわけですが、クリック率を2倍の2%に上げる方法については、詳しくは以下をご覧になってみてくださいね。

 

高単価の広告が付くジャンルでグーグルアドセンスのクリック単価を上げる

収益には【クリック単価】を上げることも大事

PV数が2倍になれば収益が2倍になるのと同じように、クリック単価が2倍になれば収益が2倍になるということでした。

 

収益=PV数×1PV当たりの収益(クリック単価×クリック率)

 

そんなわけですが、アドセンスのクリック単価を上げるためには、高単価の広告が付くジャンルで記事を書くのが大事です

高単価の広告が付くジャンルと言いますと、例えば【金融】のジャンルですとか【脱毛】のジャンル。

簡単に言えば、【儲かるジャンル】ってことですね。

 

当然と言えば当然なのですが、広告主が儲かるからこそ広告費をどばっと出せます。

年商1億円の企業と年商1千万円の企業なら、明らかに前者の年商1億円の企業の方が広告費を出せるわけですが、比例してアドセンスのクリック単価も上がるというわけ。

もちろん、それはサイトアフィリ(ASPアフィリ)の報酬とも比例するので、A8のようなASPで儲かるジャンルを見つけるのもアリですね。

 

一方で、儲かるジャンル以上に、好きなジャンルで記事を書いた方が継続できるのでそこだけは注意

いくらクリック単価が上がったとしても、継続できずに挫折したら終わりですからね。

そういう意味では、【(比較的)儲かるジャンル×好きなジャンル】を見つけることができるのが一番ではあります。

もちろん、僕にとってのこのブログがまさにそうですよ!

 

【雑記ブログ×グーグルアドセンス】で収益化する際の注意点

サチコさん

タツヤさんがアドセンスで月2万9千円稼がれたノウハウは、しっかり頭に入れておくわ。

あとは実践するだけよね。

 

そんなわけだけど、他に何かあったりするかしら?

まだちょっとした不安があるのだけれど、そんな不安を解消できる何かがあれば嬉しいわ。

タツヤ

あります!

それが収益化する際の注意点なのですが、98%の方が陥りがちな罠についてお伝えしますね。

 

アクセスを集めるのもたしかに大事!けど、アクセスばかり集めるようになってはいけない

たしかに、PV数を2倍にすれば収益は2倍になります。

なので、98%くらいの方がPV数”ばかり”増やそうとするのですが、実はそれは間違い

先程のクリック単価やクリック率といった収益効率に注力した方が、楽なんですよね

 

誤解していただきたくないのが、PV数を増やすのは問題ないってこと。

ただ、PV数”ばかり”増やすのが間違いってことなんです。

 

もしかしたら既に実感されているか分からないですが、PV数を増やすために記事を書くのって大変じゃないですか。

僕にとっては大変です笑

いかんせん1記事4,5時間は最低かかりますから。

 

そこで収益効率に注力するわけですが、僕自身クリック率を【1%】→【2%】にした途端収益が2倍になりました!

たった30分の作業だったのですが、先程のアドセンスのクリック率を2倍の2%にする方法通りにすればできましたよ。

また、Mさんも同じようにできたみたいです。

 

これから、グーグルアドセンスで雑記ブログを収益化するにあたってのマインド3選

サチコさん

たしかに、私もとにかくアクセス数を集めようとしていたわ。。。

それが稼ぐために大事なことだとばかり思っていたのだけれど、まさかそれが間違いだったなんて。。。

タツヤ

アクセス数ばかりに注力したらやはりダメですが、だって【収益=PV数×1PV当たりの収益(クリック単価×クリック率)】という公式があるくらいですから。

公式には逆らえないですが笑、それはそうとサチコさん。

 

最期に、これから稼ぐにあたってのマインドをお伝えしますね。

不安が解消され挫折を回避できる可能性が上がりますよ!

 

最初はとにかく稼げない

詳しくはプロフィールに書かせていただいたのですが、最初はとにかく稼げなかったです

僕は、1年かかってようやく【2,003PV】【4,539円】というくらいでした。

2016年12月のブログの収益

たしかに、その後は右肩上がりで収益が伸びて行ったのですが、最初はとにかく稼げなかったというわけ。

そしてこれは、僕だけじゃなくて、周りのブロガー仲間もみんな同じですね。

 

以前は、それこそ1か月~3か月で

アスカ

10万PV3万円達成しました!

と、おっしゃる方が少なくなかったのですが、今はとにかく少ない印象です。

今は、参入障壁の低さから、ライバルがどんどん増えてますからねー。

 

ただ、稼げなくなったわけではなく、実力次第ではやはりガンガン稼げるとも言えます

僕自身、2018年9月時点で月収9万円達成しましたが、月収100万円行ける気しかしないです。

いや、正直もっと行ける予感さえするのですが、実力を付ければいいってことですね。

 

そんなわけですが、実力を付けて稼ぎたい場合は、次世代起業家育成セミナーがおススメ

先程の収益効率についてはこちらで勉強しまして、3倍~30倍収益効率を上げれるあなたになれるかなと。

3倍ということは、これまで書いてきた3記事とこれから書く1記事の収益が同じということなので、戦略的に価値を提供して稼ぎたいあなたはぜひぜひ。

 

収益効率を追求し、最短効率で稼ぐことを意識する

先ほどの通り、最初はなかなか稼げないです

だからこそ、収益効率を追い求め、最短効率で稼ぐことを意識するのが大事

だって、ずっと稼げないってさすがにしんどいじゃないですか。

 

僕自身稼げない時期が長かったからこそなのですが、やはり最短であればあるほどよりよいです。

何より、不安が解消されるのが早くなりますから。

 

となると、アクセス数ばかり増やしてる場合じゃないわけですが(アクセス数ばかり増やそうとして失敗するブロガーさんを、たくさん見てきました)、収益効率を意識して収益化を加速すべきですね。

 

関連記事収益効率を追求することにもっと興味がある場合は、PVが少なくても、まずは月3万円の収益を上げれるようになる収益化講座をチェックしてみてください

 

継続が何よりも大事

いよいよ最後になりますが、継続が何よりも大事です

先ほどの通り、挫折しちゃったら終わりですから。

 

続けるためにも、先程の【ジャンル選び】【最初はとにかく稼げないことを知ること】【収益効率を追求し、最短効率で稼ぐことを意識すること】が大事

その他、ブログを習慣化したり、メンタルケアが大切ですが、毎日記事を書く習慣を付けるのがやはり大切ですかね

 

メンタルケアに関しては、例えば稼げないと分かると落ち込むじゃないですか。

僕ももろ落ち込んでいたのですが笑、一番効果が高かったのが、高い期待を持たなかったこと

タツヤ

1年目で月10万円が目標!と言いたいとこだけど、ステップアップ的な感じで、1年目で1万円行けば上等かな。

こんな感じで敢えて高い理想を持たなかったのですが、人って【現実と理想のギャップ】が大きければ大きいほど凹みやすいからなんですね。

逆に言えば、そもそも理想が低ければ、ギャップが小さいのであまり凹まなくなるということ。

これが一番おススメです!

 

関連記事継続する方法にもっと興味がある場合は、飽き性でも3年目!ブログが続かないと嘆くあなたが今日から変わる秘訣公開!をチェックしてみてください

 

まとめ

先ほどの通り、アドセンスは難易度が低いこともあり、これから雑記ブログを運営する初心者さんには一番おススメ。

今回の記事を参考に、まずは月千円稼いでみてはいかがでしょうか?

その際には、理想を高く持ち過ぎないのがおススメ。

すると、ギャップが減り稼げるようになり、不安が解消&挫折が回避されますよ!

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、PVが少なくても、まずは月3万円の収益を上げることを専門にしているタツヤです!
2018年7月時点で、月収94,924円を達成しています。

月収5千円以下&PVが少なくて苦戦している初心者ブロガーさんを対象に情報発信しているのですが。。。
ここに至るまでの道のりは苦しいものでした。
例えば、

・ブログで稼げない時期が長過ぎて、うつ病になりかけ16時間寝込んだ
・稼げずメンタルがきつかった上に、なぜかブログコンサルタントから30万円の請求を受けメンタル死にかけた

こんな苦節時代とも言える時期があったのですが笑、そんなタツヤのプロフィールは以下よりどうぞ。
↓↓↓
タツヤのプロフィールを見てみる