元月7桁アフィリエイター現経営者北原さんに学ぶ、結果が出ない単純な理由【図解アリ】

最近、元アフィリエイター現経営者北原さんが、ツイッターで以下のような対談をされていました。

 

*対談は途中で途切れてしまうのですが、以下より続きを見ることができます。

 

その他、以下のようなことを呟かれていましたねー。

 

そんなわけですが、大事なことを一言でまとめると以下になります。

 

・結果が出なかった原因=やりきっていなかったから

 

いや、挙げようと思えばいくらでも挙げられるのですが、そうすればそうするほど薄まるので、敢えてこれだけに。

 

そんなわけですが、この記事では、やりきるということについて深堀して行きたいと思います。

結果が出るシンプルな理由が分かるようになりますよ。

そもそも北原さんってどんな人?

深堀する前になのですが、そもそも北原さんがどんな方かについて軽く触れると、一言で言えばすごい方です。

先ほどの通り、元々はアフィリで活躍されていたわけですが、月7桁。

で、それはそれですごいのですが、さらにすごいのがアフィリ→美容室の店舗経営に行かれたことなんですね。

元々美容師だったという背景があるからなのですが、飛躍して年商7億とのことです汗

 

実はと言うほどでもないのですが、北原さんは以前から存じていまして、それこそ3年前には存じていた気がします。

と言いますのも、僕自身参加している次世代企業家・経営者アカデミーの特別講師として登壇されていたからですね。

 

セミナーの内容としては、先程の3つに関連した内容だったり外注についてだったのですが、北原さんの美容室であるDearsをここまで大きくされるとは!という感じです。

ほんとすごいなと思うわけですが、先程のやりきることについて深堀して行きますね。

 

結果が出なかった原因=やりきっていなかったから

結果が出なかったのがやりきっていなかったからということなのですが、これはよく分かるなぁと思いました

 

結果が出ない時って、

タツヤ

なんで結果が出ないんだろう?

ノウハウが間違っているからじゃないかなぁ?

と、こう思いがちですが、ただただやりきっていないからということも多いんですよね。

たしかに、ノウハウの問題で結果が出ないことも多分にあるのですが、よほど変なものでなければ、やりきれば結果が出ることってあるもんです。

 

自戒じゃないですが、人が2日に1記事書くなら自分は1日に1記事。

いや、1日に2記事書けないのか?みたく、やりきるのは大事だと思います。

 

僕がTOEIC925達成した時は、まさにやりきった時だった

僕はTOEIC925/990を達成したことがあるのですが、当時もやりきりましたねー

 

一時期はノウハウコレクター化していたのですが、心機一転。

一つのノウハウをひたすらやりまくり、壁にぶつかれども気付いたら900越えしていたという感じでした。

 

そんなわけですが、ブログも英語も同じじゃないかと思っているんです。

一度はノウハウコレクターになると思うのですが笑、ある時に一つのノウハウをひたすらやるみたいな。

そしたら、結果が出るみたいな感じなのかなと思っていて、僕自身頑張っている最中なんですよね。

 

北原さんがやりきった話

僕の話はさておいて笑、北原さんがやりきった話はすごかったですよー

 

・深夜1時~4時までブログ→3時間寝る→出勤

・50名の主婦に外注(500文字×30記事=1サイトとして、それを300サイト)

・キリンの被り物をして、パンツ一枚で取材をする

 

いやー、いろいろすごいなと思いますが、1つ目は誰も真似できないと思います。

これは北原さんだからこそですが、とはいえ2つ目は可能と言えば可能ですし、まさにやりきっている好例ですよね。

3つ目は、ある意味やりきっています笑

 

北原さんは酵素ダイエットのサイトを作られていたのですが、元々キリンの被り物をされていたんですよねー。

ただ、取材でこの格好をされるのはただものじゃないなと笑

 

もっとも、こういったことは北原さんだからこそできることで、僕たちの参考にはならないですが、外注で300サイト作るのは可能。

ここまでとはいかずとも、これまでの限界を少しずつ突破するくらいならできるんじゃないかと思うわけなんですよね。

例えば、これまでは2日に1記事だったけど、これからは1日1記事みたいな。

 

もしかしたら、それでも結果が出ないかもしれません。

そしたら、1日2記事ですよね。

これくらいやりきれば何かしらの結果は出るはずですし、こういう時こそぐんとレベルが上がるものです。

 

レベルが上がった後は、これまでより確実に楽。

実際問題、僕自身0円→月1万円より、月1万円→月数万円の方が楽でしたね。

 

*北原さんですが、先ほどの通り次世代企業家・経営者アカデミーの特別講師として登壇されています。

 

で、次世代企業家・経営者アカデミーというのは、ブログ・せどりはじめビジネス系のオンラインスクールなのですが、スクールの宣伝の一環として当時のセミナー動画がプレゼント中。

次世代起業家育成セミナー特別編(その0)が該当するのですが、興味があればこちらより受信してくださいね。

 

今つらいなら、なおさらやりきりましょう

今、こうやって記事を書いている僕自身もつらいのですが、なおさらやりきらないとですよね

 

よくあるパターンとしては、結果が出ない時って、先ほどの通りノウハウに走っちゃうもんです。

いや、ノウハウに走るのが悪いわけではないのですが、そのノウハウも60%くらいしかやらなかったり。

 

結果が出ない場合 結果が出る場合

こちらは、結果が出る時出ない時を図解したものなのですが、60%の力でいくらやっても結果って出ないんですよねー。

最低80%以上の力でやらないといけないわけですが、つらいからこそやりきりましょう。

僕自身、先ほどの通りつらいのですが(アップデートでPV数が下がりました)、作業量は逆に増やしてます!

 

まとめ

先ほどの通り、北原さんは元月7桁アフィリエイターで現経営者なわけですが、結果が出なかった理由=やりきっていなかったからとのことでした。

60%程度のパワーだと、結果が出るラインを越えられないからなのですが、最低80%以上でやりましょう。

仮に、今つらくても(orつらいからこそ)、やりきりましょうとのことでしたよね。

 

そんなわけですが、今回の記事で、結果が出るシンプルな理由が分かるようになったとのことであれば嬉しいです^^

4 件のコメント

  • こんにちは。
    いつもためになる記事ありがとうございます。
    「やりきる」ことがポイントなのですね。
    たしかに、ノウハウコレクターにならないように、気を付けないといけないと思いました。
    自分に合ったノウハウを活用しとことんやっていくことが重要と感じました。

    • コメントありがとうございます^^

      <いつもためになる記事ありがとうございます。

      そうおっしゃっていただけてありがたい限りです。

      <たしかに、ノウハウコレクターにならないように、気を付けないといけないと思いました。
      自分に合ったノウハウを活用しとことんやっていくことが重要と感じました。

      記事にも書かせていただいたのですが、たしかにノウハウが間違っていることってあるんですよねー。
      実際問題、僕自身ノウハウの見直しは常にしていますが、一方でノウハウだけじゃないのも事実だと思っているんです。
      今回の話で言えば、まさにやりきることで、ノウハウを超えた何かがあると思っています。
      感覚的なものなのですが、誰しもそういった経験はあるかなと。
      僕で言えば、英語で同じ様な経験があったわけですが、ノウハウ以外に見直すのも大事だと思った次第でした。

  • こんばんは。
    ノウハウコレクターになってしまった私でも、
    これからやり切ろうと思います。
    有益な記事いつもありがとうございます。

    • コメントありがとうございます^^

      <ノウハウコレクターになってしまった私でも、
      これからやり切ろうと思います。

      僕もそうですが、ノウハウコレクターにならない方っていないと思うんですよね笑
      それよりも、その後どうするかだと思うので、これから頑張って行きましょー。
      僕も頑張ります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、ブログで0→1を達成し、自信を付けてもらうことを専門にしているタツヤです!
    2018年7月時点で月収94,924円を達成したのですが(あるブログでは、たったの500PV→1万円を達成)、その戦略を共有したところ、0→1を達成し挫折を回避していただいた実績があります

    PVが集まらず挫折しそうな初心者ブロガーさんを対象に情報発信しているのですが。。。
    ここに至るまでの道のりは苦しいものでした。
    例えば、

    ・ブログで稼げない時期が長過ぎて、うつ病になりかけ16時間寝込んだ
    ・稼げずメンタルがきつかった上に、なぜかブログコンサルタントから30万円の請求を受けメンタル死にかけた

    こんな苦節時代とも言える時期があったのですが笑、そんなタツヤのプロフィールは以下よりどうぞ。
    ↓↓↓
    タツヤのプロフィールを見てみる