ブログには何を書くといいの?【目的次第で決まる】

ブログに何を書く
タツヤ

この記事は、

ブログを運営するか迷っているけれども、何を書けばいいのか知りたい。

不適切なことを書いて批判でもきたら怖い。

そんなあなたのための記事です。

目的別に書くべきことがはっきり分かるようにして行きますよ!

こんにちは、記事を書く時、思い付くがままに書いていいのか戦略的に書くべきなのか悩んでいたタツヤです。

今では、書くべきことがはっきりしています。

 

ブログに書くといいことなのですが、結論から言えば以下。

 

・趣味目的の場合=興味があることについて書けばいい&日記のような記事を書いてもいいしお役立ち記事を書いてもいい

・収益化目的の場合=興味があることについて書けばいいけど、お役立ち記事を書かなければいけず、日記はNG

 

そんなわけですが、今回は上記の深堀をして行きますよ。

ブログに何を書くといいのか

サチコさん

タツヤさん。

私、ブログを運営しようかどうしようか?という状況なのですけれども、そもそもブログにどんなことを書けばいいのか分からないの。

芸能人の方は日記を書かれていますし、一方で調べてみると日記は書いちゃいけないみたいですし。

実際はどうなのかしら?

タツヤ

実はと言うほどでもないのですが、僕自身芸能人の方が書かれるような日記=ブログだと思っていたんですよね。

実際問題、そういった日記を書いていたこともあったのですが、目的次第で変わったりするんです!

趣味目的の場合

もし、あなたがブログを運営される目的が趣味目的の場合は、興味があることについて書けばOKです

日記のような記事を書いてもいいしお役立ち記事を書いてもOKなんですね

 

まあ、当たり前と言えば当たり前ですが、趣味目的ということは自由。

だからこそ、何を書いても自由なのですが、おそらくあなたはブログで収益化したいんじゃないのかな?と思っています。

その場合は、残念ながら書いてもいいことが決まってくるんですよね。

 

収益化目的の場合

もし、あなたがブログを運営される目的が収益化目的の場合は、たしかに興味があることについて書いても問題ないです

一方で、趣味目的の場合とは違いお役立ち記事を書かなければいけず、日記はNGなんですよね

 

で、お役立ち記事ってそもそも何か?ということなのですが、悩みを解決する記事のこと。

この記事もそうなのですが、

アスカ

ブログには何を書けばいいの?

という悩みを解決する記事でして、そういった記事を書かなきゃいけないということなんですよね。

もちろん、収益化にそこまで真剣ではない場合は、お役立ちとか悩み解決(価値提供)を意識しなくてもいいのですが、価値を提供するからこそ収益が発生するのは頭に入れておきたいところです。

 

8,9割=お役立ち記事。1,2割=人が見える記事を書くとグッド

補足しますと、全部が全部お役立ち記事を書かなければいけないわけではなく、8,9割でOK

残りの1,2割は、人が見える記事を書くとグッドですね

 

人が見える記事というのは、僕たちの思考や活動内容が分かる記事のことでして、以下のような記事が該当します。

 

 

上記のような記事を通して共感することがあるかと思うのですが、お役立ち記事で集客

人が見える記事で共感→ファン化というイメージですね

 

具体的にブログに何を書くかを決めよう

サチコさん

へぇー。

私の場合は収益化目的ですから、芸能人のような日記は辞めた方がいいということね。

その他、今の私が興味あることは書いてもいいけど、ユーザーさんに価値を提供できるようなお役立ち記事を書かなきゃいけないという理解でいいかしら?

タツヤ

その通りです!

 

そんなわけですが、もう少し具体的に何を書くかを決めて行きましょうか。

先ほどの通り、お役立ち記事である限りにおいては、興味があることについて書いてもOKなわけですが、とはいえ興味があることが分からないもの

なので、そういった興味があること(=ジャンル)を洗い出し、ブログに書くことを洗い出しましょう

 

そんなわけですが、そういったジャンルの洗い出し方については、詳しくは興味があり、かつ稼げるブログのジャンルの決め方完全版【4ステップ】という記事に書きましたので、参考になさってみてくださいね。

 

まとめ

先ほどの通り、ブログに何を書けばいいのかは、目的次第で変わるとのことでした。

趣味の場合は何でもOK。

そうじゃない場合は、興味がありつつも、悩みを解決するような記事を書かなければいけないとのことでした。

 

また、興味があるジャンルを出すためにも、興味があり、かつ稼げるブログのジャンルの決め方完全版【4ステップ】という記事を参考になさってくださいとのことでしたよね。

 

そんなわけですが、今回の記事で、目的別に書くべきことがはっきり分かったとのことであれば嬉しいです^^