ブログが時代遅れじゃない理由とこれからの戦略考察【文章への需要は不変】

ブログは時代遅れ?
タツヤ

この記事は、

ブログは時代遅れじゃないかと思っている。

ブログでほんとうに収益が上がるのか知りたい。

そんなあなたのための記事です。

ブログ運営の継続の是非を判断できるようにして行きますよ。

こんにちは、2度3度ブログは時代遅れなんじゃないか?と思ったことがあるタツヤです。

時代に遅れているわけではない!と判断し、普通にブログを続けています笑

 

ブログが時代遅れじゃない理由なのですが、結論から言えば以下。

 

・まだまだブログで収益を上げている人がいるから

・文章は時代関係なく生き残るから

 

そんなわけですが、今回は上記の深堀をして行きます。

+@で、これからの戦略の考察もして行きますよ。

ブログが時代遅れじゃない理由

サチコさん

タツヤさん。

最近、ブログが時代に遅れているんじゃないかと思うのですけど、いかがかしら?

もしそうなら、ブログを運営してもいいものか迷うのですけど。

タツヤ

僕自身同じ様なこと考えてましたし、なんならみんな同じことを考えているんじゃないかと思います笑

 

そんなわけですが、今回改めて考えてみました。

まだまだブログで収益を上げている人がいるから

ブログが時代遅れじゃない理由なのですが、先ほどの通りまだまだブログで収益を上げている人がいるからです

個人から法人さんまで様々でして、僕自身たくさん知っています。

 

たしかに、ユーザーさんが全くブログを読まなくなり、ブログ運営者さんが全く収益を上げられなくなるなら、それはまさにオワコン。

ただ、まだまだブログは読まれていますし(=まだまだ検索需要がありますし)、やり方次第なんじゃないかな?って思うんですよね。

 

ブログがYoutubeやツイッターに取って代わられているのは事実

一方で、ブログ(文章)がYoutube(動画)やツイッター(SNS)に”一部”取って代わられているのは事実です

僕自身そうですが、たしかにYoutubeを見る機会は増えましたし、ツイッターをする機会も増えましたね。

だからこそ、ブログはオワコンじゃないか?と言われるようになってきたわけですが、あくまでも一部。

文章への需要がなくなるのはあり得ないです。

 

文章は時代関係なく生き残るから

ブログが時代遅れじゃない2つ目の理由なのですが、文章は時代関係なく生き残るからですね

職場での資料が動画じゃなく文章であるように、これだけ動画が流行ってもやっぱり文章だよねという話です。

 

文章はさっと情報収集したい場合に適していて、動画は逆

先程の例ではないですが、職場の資料が全部動画だったら嫌じゃないですか笑

おそらく文章の方がいいと思うのですが、さっと情報集収集できるからなんですよね

そういう意味でも、やはり文章は生き残ります。

 

一方で、動画が適しているのは、時間がかかってもいいから難しいことを分かりやすく理解したい時です(もしくは、エンタメ系)

文章と動画は、得手不得手を補い合い、共存する関係なんだと思っているんですよねー。

 

関連記事ブログオワコン論に対する考察に興味がある場合は、【2018年】ブログオワコン論に対し考察したら、意外な事実が!?をチェックしてください。

 

これからの戦略考察

サチコさん

へぇー。

2つの理由から、ブログは時代遅れではないってことかしら。

でしたら、私もやっぱりブログを運営してみようかしら。

タツヤ

もちろん、大変な部分もあるのですが、依然としてブログはおススメだったりしますねー。

僕自身は一生ブログを運営する予定ですが、とはいえむやみやたらに記事を書いてもダメ。

なので、これからの戦略について考察して行きます。

ブログが嫌いじゃないなら、ブログで頑張ろう

ブログが嫌いじゃないのであれば、ブログで頑張ってみるのはアリアリです

と言いますのも、Youtubeはじめ他の媒体と比べ、比較的再現性が高いからですね。

決まった記事の書き方やら何やらありますので。

 

関連記事決まった記事の書き方に興味がある場合は、<簡易版>元・ブログのアクセス数を上げれず苦しんだ男が、月3万PV達成した方法をチェックしてください。

 

結局、Youtubeはじめ他の媒体も攻略が難しいもんです。

なので、比較的再現性が高いブログをやるのは、いいと思うんですよね。

 

一方で、適性を見るために1)Youtube2)ツイッターを試しにやってみるのはアリ

たしかに、ブログの方が再現性が高いとは思いつつも、一方で1)Youtubeや2)ツイッターを試しにやってみるのはアリです

適性を見るためになのですが、向いていれば引き続きやってみる(その場合は、ブログをやらなくてもいいくらいです)。

向いていなければブログをやってみるという感じだと最適な選択ができると思いますよ。

 

まとめ

先ほどの通り、ブログが時代遅れじゃないのは、1)ブログで稼いでいる人はまだいるから2)文章はいつの時代も死なないからとのことでした。

 

また、これからの戦略としては、ブログが好きならブログをやってみてもいいんじゃないか?とのことでしたよね。

 

そんなわけですが、今回の記事で、ブログ運営の継続の是非を判断できるようになったということであれば嬉しいです^^

4 件のコメント

    • コメントありがとうございます^^

      最近副業を始められたとのことですが、やり方次第ではあるものの、まだまだブログには可能性があると感じています。
      そのための戦略は公開していますので、参考になさっていただけると嬉しいです!

  • こんばんは。
    文章は飛ばし読みができて、動画はそれができないので、
    ブログは残っていくのでしょうね。youtubeはたいへんそうですね^^;

    • コメントありがとうございます^^

      Youtubeにも見出し機能みたいなものが付くかもですが、今の所ないですよね。
      中には、「これから3つのことを話します。1.・・・」みたいな感じで見出しっぽいものを付けている方もいらっしゃるのですが、ブログと比べるとまだまだ検索性は悪いと思っています。
      やっぱり、ブログとYoutubeでは棲み分けがされるんでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です